Adagio

ミオパチー的つぶやき〜Come for Treasure Dream
<< 本年もお世話になりました | main | No-title >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
1年を振り返りながら、年頭のごあいさつ。

遅ればせながら、本年もよろしくお願いいたします。

関東は幸い年明けより晴天続きなれど、寒さ極まり、骨身にしみております。
お日様が出ていてさえこうなのだから、豪雪の街はいかばかりかと。

仕事納めの日に風邪気味となり、大晦日の朝発熱、という年跨ぎになってしまいましたが、何とか4日から通常モードに復帰できました。

今年は自分にとって、人間生活40周年記念?の年。
「不惑」「初老」「前厄」 重みの有る言葉ばかり(それがどうした!、関係ないわい)。
でも、いちおう西新井大師にはお参りしとこかな(神仏には逆らえません)。

とにもかくにも、ここまでたどり着けたことに感謝しなければ、ですね。

ところで、昨年の目標はと申しますと

1 適当に (何事もいい加減=良い加減に)
2 現状維持(自分にとっては前向き課題)

でした。(2を実現するための1)

何かと必要に迫られる用件が増えてきたここ数年。一方、反比例するように筋肉量は減ってきて、様々な不具合が日常的になってきました。病状もありましょうが、アラフォーともなれば老化(もとい!エイジング)も大きいでしょう。

なので、無理の無い「やりくり」を覚え、戦力温存をはかっていこうと。

もちろん、追い込まれた状況でなければ得られない、経験則もあるわけで。
ゆえに、安全運転ばかりでなく、ある程度は無理をして、といった趣旨でした。

しかし手探り期間としては、ハードルが高かった2010。
何と言っても4か月くらい続いた酷暑。温暖化とはいえ、さすがに想像を超えていました。
これに非日常の出来事が重なり、気付いたらゴールしていたという感じの1年でした。

記憶の整理を始めようとして、「なんか前にもこんな作業やってなかったっけ?…」と過去ログたどると、やはり2年前の1月に2008年を振り返ってました。

http://adagio1.jugem.jp/?month=200901

長くなり恐縮ですが(すいません、この際なので…)、2010年に起きた、非日常の出来事を。

【3月初め】
 母方祖母、父母&nori家と会食(祖母、ホームから外出。母とホテル一泊)
【4月後半】
 超奇遇、まさかのmioプチオフ
【6月半ば】
 父方祖父誕生日に親族食事会(祖父、ホームから外出。近場の和食屋にて)
【7月半ば】
 義父の喜寿祝いに両家で旅行(鬼怒川温泉一泊)
【8月半ば】
 祖父の入院(転倒による骨折)
【9月半ば】
 念願の地デジ化&ブルーレイレコーダー配備!(ポイントで掃除機も更新)。
【10月前半】
 相方の入院・プチ手術(夏前から予定済みだった案件)
【11月】
 祖母、祖父の相次ぐ再入院(ともに内科的理由による緊急搬送)
【12月初め】
 祖父、祖母の病院へ、お見舞いまわり
【12月後半】
 祖母他界 通夜・告別式

記事としてアップできたのは、鬼怒川旅行ぐらいだったですね。

昨年も父・母は毎週それぞれの親のホームor病院に通いづめでした。それでも病状安定の間隙をぬって、2人で伊勢神宮や東北へ「ドライブ A GO GO!」していたもよう。「あんたらが何とかやっていてくれるから、ジジババ孝行に専念できるわ」というのが、ここ数年の母の口癖。私は何も手助け出来ませんでしたが、「おのれが踏ん張ることで間接的なジジババ孝行になるのだ」と自分に言い聞かせておりました。仕方ないのだと。

最後に今年の目標ですが(今からかい!)、昨年の目標は継続事項として、「1日1日を大事に」を加えてみました。今更ながらに「1年の重み」を実感したからなんですが、「程良い加減でメリハリつけて!」って、言うは易しですね。ここまで長々書いてきて何ですが、めんどくさくなってきました。先の事はわからん。なので目標とかじゃなく、モットー的な位置づけにします。達成できなくとも、別に反省する必要などない。念仏的に意識の刷り込みすればよい。

あと、イライラしない(身体に悪い)。

ほかにやりたいこと
●引越して以来実現できなかったMyルームの大模様替え(ま、非力ゆえ人頼みなのですが…)。より快適な暮らし空間を演出することで、ただただ「マリアナ海溝の深海魚モード」になっていた一日も、これからは「麗しきご静養モード」に!。

●去年は通勤・公式行事・近場買い物以外、ほぼ引きこもりの一年だったので、少しは遠出を。
気持ちリフレッシュ。あと、メモリー蓄積(長雨時はメモリーで結構食いつなげる)。

あとこれは努力目標ですが(って早くも防御線張るな!)
●ホームページ改修工事完成
1年近くデスクトップに野ざらし状態の「資材の山」を何とか…。

新年早々、とりとめのない文章になってしまいました。
2011年がみなさまにとって、佳きことの多い、穏やかな年となりますように。

 

| Nori | 日常 | 14:17 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:17 | - | - |
こんばんにゃ〜。
ブログ更新されてないかしら?と思って来てみたら、なんとビンゴでしたー!
更新したてのホヤホヤ。

読んでて、自分のことと重ねてしまいました。
特に、自分が年を重ねること(老化?)、親のこと。
最近、年を重ねるって、とっても切ないな〜って思うのです。
自分のこともそうだけど、親が段々小さく見えるようになって、いなくなった時のことを考えると、とてつもない寂しさが襲ってくるの。
私たちって親のために動けることは少ないけど、「夫婦仲良く健康で幸せに暮らしてる」ことが親にとっても幸せなんだと言い聞かせ、心配だけはかけないように心掛けるしかないよね。
うっ、涙出てきた。

そっかぁ、今年は「nori生誕40周年」なんだね。
てか前厄だ!
“しじゅうにやく”って、配偶者にも影響あるって聞いたから、旦那の42厄(前厄)の時、2人でお祓いに行ったのね。
それなのに、旦那には何も厄がなくって、私が脳梗塞(軽め)になったという…
も〜〜、あいつの厄を私が引き受けたわけ!?<(`⌒´)>
noriっちは、こたっちゃんに厄を押し付けたらダメだよ〜。
| マッキー | 2011/01/16 6:46 PM |
>マッキー

2011初コメント、ありがとうございますぅ。

>最近、年を重ねるって、とっても切ないな〜って思うのです。

自分もほぼ同世代として、思うところあるな〜。
「1日1日を大事に」って心境も、その辺のところに繋がるのかも知れないです。

>私たちって親のために動けることは少ないけど、「夫婦仲良く健康で幸せに暮らしてる」ことが親にとっても幸せなんだと言い聞かせ、心配だけはかけないように心掛けるしかないよね。

うん、自分もそう思うようにしてる。もちろん色んな想いはあるけどね。まあ心配をかけてしまうことは、どうしようもないところもあると思うけど、だからこそ少しでも安心してくれてる日が多ければうれしいし、それが自分の張り合いにもなっている気がする。あとはそれこそ「心配かけない程度」に出来ることを、だね。

>“しじゅうにやく”って、配偶者にも影響あるって聞いたから、

初めて知った〜。なるほど、マッキーのあの時が旦那さんの厄年だったんだね。

おっと、一瞬混乱しかけたけど分かった。数え年だから41厄(前厄)が満40歳で今年でok(ま、現実的にはオーケーじゃないけど)。
じゃあ、来年の本厄はコタツもお祓い受けさせないとだね。
| nori | 2011/01/17 10:16 PM |

おぉ〜おぉ、、
息災で何よりじゃな。

暮れにソコモトからの「電子無線ふみ」によると、年末より熱発で床に臥せっておられた様子。

拙者、心配しておりました。

拙者と言えば、出かけるのは決まって「小石川療生所」くらいしかなかったのじゃが、最近は体調もすこぶる良くて「日本橋兜町」にもちょくちょく出かけておる次第です。

昨年は分けあって、ソコモトには会えずじまいだったが今年は何とかお会いできるように、お互い身体を労ろうぞなもし。

お内儀にも宜しくお伝えくだされ。

では、ごめん m(__)m
| ゆず | 2011/01/18 4:49 PM |
>ゆずさま

これはこれは大御所様、新年初のお渡り、恐悦至極に存知奉りまする。

<(_ _)>  <(_ _)>  <(_ _)>

おかげさまで、はやり病の方は、本復いたしましてございます。

電子兜町へもお出ましとのこと。幕閣の顔ぶれが変わったとて、市場は芳しからずでござりましょうな。

本年こそ、どこぞの城下で、ご尊顔を仰ぎ奉ることが出来ますれば、それがし何よりの幸せにござりまする。仰せの通り養生いたし、来たる日に備えまする。

ではでは、御台さまにも、よろしゅうお伝えくださいませ。
| nori | 2011/01/18 9:48 PM |









http://adagio1.jugem.jp/trackback/336
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ スポンサー リンク
+ インフォメーション
点取り占いブログパーツ

+ エントリー
+ 最新のコメント
+ 最新のトラックバック
+ カテゴリー
+ 過去のエントリー
+ リンク集
+ 掲示板・メールフォーム
+ NEWS
+ プロフィール

BANNER



RANKING 「Please click!」

人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

+ おすすめ
+ おすすめ
セロニアス・モンク・ウィズ・ジョン・コルトレーン
セロニアス・モンク・ウィズ・ジョン・コルトレーン (JUGEMレビュー »)
セロニアス・モンク,ジョン・コルトレーン,ウィルバー・ウェア,シャドウ・ウィルソン,レイ・コープランド,コールマン・ホーキンス,ジジ・グライス,アート・ブレイキー
+ おすすめ
+ おすすめ
ワーグナー:管弦楽曲集(2)
ワーグナー:管弦楽曲集(2) (JUGEMレビュー »)
クレンペラー(オットー),ワーグナー,フィルハーモニア管弦楽団
+ おすすめ
ベイト・ノワール
ベイト・ノワール (JUGEMレビュー »)
ブライアン・フェリー
初めて中学生のとき買った「CD」が何故だかコレ。
+ おすすめ
ヨーヨー・マ プレイズ・ピアソラ
ヨーヨー・マ プレイズ・ピアソラ (JUGEMレビュー »)
ヨーヨー・マ,アントニオ・アグリ,オラシオ・マルビチーノ,アサド兄弟,ネストル・マルコーニ,アストル・ピアソラ,エクトル・コンソーレ,キャサリン・ストット
+ おすすめ
+ おすすめ
+ おすすめ
無罪モラトリアム
無罪モラトリアム (JUGEMレビュー »)
椎名林檎,亀田誠治,川村“キリスト”智康係長,森“グリッサンド”俊之本部長
+ おすすめ
+ おすすめ
Reflections
Reflections (JUGEMレビュー »)
寺尾聰
リバイバル版が出ているようですが、やっぱ幼心にこれはシビレたですよ、トゥットゥルットゥ〜♪
+ おすすめ
+ おすすめ
風の歌を聴け
風の歌を聴け (JUGEMレビュー »)
ORIGINAL LOVE,田島貴男,木原龍太郎
+ おすすめ
チェット・ベイカー・シングス&プレイズ
チェット・ベイカー・シングス&プレイズ (JUGEMレビュー »)
チェット・ベイカー, ストリングス, カーソン・スミス, レッド・ミッチェル, コーキー・ヘイル, ラス・フリーマン, バド・シャンク, ボブ・ニール
+ おすすめ
+ おすすめ
+ おすすめ
スタイリスティックス
スタイリスティックス (JUGEMレビュー »)
ザ・スタイリスティックス
+ おすすめ
+ おすすめ
+ おすすめ
+ おすすめ
サマー・サンバ
サマー・サンバ (JUGEMレビュー »)
ワルター・ワンダレイ, アービー・グリーン, ジョー・グリム, バッキー・ピザレリ, ボビー・ローゼンガーデン
+ おすすめ
+ おすすめ
Solid State Survivor
Solid State Survivor (JUGEMレビュー »)
イエロー・マジック・オーケストラ
+ おすすめ
からだ大冒険
からだ大冒険 (JUGEMレビュー »)
へつぎ りょう, すがの やすのり
ネマリンミオパチーで小学5年生の戸次吏鷹(へつぎ りょう)君著。人工呼吸器をつけながら、電子辞書を駆使しつつ、左手の人さし指だけでパソコンを打つ。物語の主人公は米国のサイエンス博士。博士は、物を小さくする薬「チイサクナール」と大きくする薬「オオキクナール」を発明。チイサクナールを自らにふりかけ、ごくごく小さくなった博士が、点滴と一緒に不治の病の患者の体に入り、病気を治すというストーリー。
+ おすすめ
神経筋疾患の評価とマネジメントガイド
神経筋疾患の評価とマネジメントガイド (JUGEMレビュー »)
J.R. バック, John R. Bach, 大沢 真木子
神経筋疾患における非侵襲的呼吸療法の権威、ジョン・ロバート・バック先生の著、管理人の主治医でもある大澤真木子先生が監訳された本です。患者さんのQOL向上を第1に考えられた、神経筋疾患全般の管理マニュアルとなっています。この本に関わる先生方の熱意が伝わってきます。難しい用語についての解説集付です。
+ おすすめ
Scene 映像音楽作品集 1992-2001
Scene 映像音楽作品集 1992-2001 (JUGEMレビュー »)
加古隆
3曲目のNHK『にんげんドキュメント』テーマ曲だった『黄昏のワルツ』、心震えます。
+ おすすめ
全曲集
全曲集 (JUGEMレビュー »)
美輪明宏
記事にも書いた、美輪さんの全曲集です。ピアフの原語「愛の賛歌」は魂に響きます。
+ おすすめ
カフェ・ブリュ
カフェ・ブリュ (JUGEMレビュー »)
ザ・スタイル・カウンシル
+ おすすめ
+ おすすめ
 (JUGEMレビュー »)

3曲目のチルドレン・オブ・ザ・ナイト、格好良すぎます!。
+ おすすめ
並立概念
並立概念 (JUGEMレビュー »)
森広隆, 重実徹
ファンクなギターに、ソウルフルな高音ヴォイス。歌詞も「日本語」していて良い。3曲目のPebamaは、たまらなく痺れる。
+ MOBILE
qrcode