Adagio

ミオパチー的つぶやき〜Come for Treasure Dream
<< いちならびのひに 1 | main | 先週のこと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
いちならびのひに 2
祖父母の家は、同じ埼玉県内だったので、病院も県内を転々とした。

父の妹夫婦たち(県内と近県に在住)は、祖母の見舞いと祖父の世話に明け暮れたらしい。
父(長男)や母(長男の嫁)も祖父の手足となるべく、週末は病院や実家に通い続けた。

私は祖母が自宅で寝たきりになってから数回父の実家へ。
2年間の入院中、病院へは3度ほど見舞いに行っただろうか。
3度のうち2度は相方も付き合ってくれた。
ただその頃の祖母はもう、私の顔が分からない状態だった。

祖母は元気なときから、少女のまんま大人になったようなトコロがあった。
入院中も小さなプーさんのぬいぐるみを大事に抱えていた。

食べ物の好き嫌いが多く、ご飯を残しては、大好きなお菓子ばかり食べていた。
祖父に怒られても、子供が甘えるように、わがままを通していた。

石原裕次郎の大ファンで五木ひろしの歌が好きだった。
ジェネレーションを考えると、結構気持ちが若い人だったのではないかと思う。

一方で、皆が集まったときでも、最後まで台所から離れようとせず、気が付けばお茶入れに立ち、果物を剥いてきたり「働き者のお母さん」の姿そのものであったように記憶している。家族の帰宅が遅くても眠らずに待ち、風呂は必ず最後に入っていたらしい。

何より印象深いのは、今風にいえば「ぶっちゃける」事がない人だった。
語らない、愚痴を言わない、本音を表さないの三拍子というか。。。

我慢強さもあったろうが、極端な「ハニカミ屋」だったからかもしれない。
別れ際に見送られることが嫌いで、手を振って見送っていると「いいから早く行きなさいよ」とたしなめられた。
祖父母の家へ遊びに行っても、素直に「良く来たね」と言えばいいのに
開口一番「ま〜珍しい人が来た。久しぶりすぎて顔忘れちゃったよ」とか言いつつ
「いいから早く上がんなさい」って感じだったか。

帰るそぶりを見せた途端、「寒くならないうちに早く帰んなさい」と、せかすようにお土産のお菓子とかを用意しながら、「泊まっちゃえばいいのに」と冗談めかして口に出しながらも「また来なさいよ!」と怒ったように言葉をかけるといった感じで。

見送られるのが嫌いなくせに、自分は我々の乗ったタクシーが見えなくなるまで見送っていた。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

見舞いに行っても、私の顔が分からない状況になってからというもの
「あ〜、婆ちゃんの頭がハッキリしているうちに、もちょっと顔を見せてあげればよかったな」
と些か後悔する想いがあった。

実家を出て3年。最初に住んだ場所も今のトコロも、祖母の病院と祖父の家に「親戚中で一番近かった」のが私の住まいだった。電車とタクシーを乗り継ぎ、下手したら1時間かからない場所かも知れない。

とはいえ今の自分にとって、(言葉は悪いが)人のために休日を潰すことは
身体だけでなく、精神的にも相当負担に感じることだった。
自分自身が楽しむための外出でさえも、気が重くなってしまう最近だった訳で。

自分の生活を第一に考えるしかない

と開き直るようにしていた。

ただ、どうも心のうちで引っ掛かっていたらしく
ここ数年、やたらと夢に婆ちゃんが出現した。。。

元気ピンピンの3、40代なら(とくに男の子だし)、もっとドライに割り切っていたのだろうが、衰えや病に対し、「想い」が逞しく成り過ぎちゃうのは、M星人ゆえの悲しいサガか?。。。

それでももし「美輪さん的世界」があるとしたら
念ずれば伝わるだろうし、少なくとも婆ちゃんには分かってもらえるだろうと、自分に言い聞かせていた。

そう開き直っていたくせに、葬式(祖父と祖母の子と孫だけの密葬)では
何故だか「自分独りがお客さんであるような感覚」に囚われてしまった。

一部の従姉妹たちも含め、祖母の晩年に深く関わっていた親族には、ある種の輪が出来ていた。祖父の私に対する微妙な態度も、私を敏感にさせたのかも知れない。

そんななか、長男の息子ということで、祖父の代わりに位牌や遺影を持たされる場面もあった。遺影は軽かったが、大胸筋が無いので、あの姿勢を続ける事自体、意外に厳しかった。

自分的には式の間座り続けることだけでも「気合で乗り切れたぜ!」という感じだったが
親族は誰も、私の病状の具体的なところは知らない。ほぼ他人と同様の認識。

今回思ったのは、信念も意外と簡単に揺らぐもんだなーということ。
また、人の「想い」というものは、自分本位の一方的なものだし
他人に押し付けるものでもなければ、押し付けられるものでもない。

ただ、それだけに自分の中で消化し、整理しなければならないことなんだけど
案外それというのは、純粋なものだけに、厄介だなあ…と。

結論。

葬式は大変で、なおかつ勉強になる。

以上、強引なまとめでした。
| Nori | 雑記 | 18:29 | comments(2) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:29 | - | - |
お婆様のご冥福をお祈りいたします。。。

冠婚葬祭の時っていろいろなことが見えたり、自分自身も普段考えないようなことを考えたりするよね。。。

家は結構、親戚筋とは縁が薄くってたまに避けられない行事なんかがあると大変。。。

ただ、自分ももう車椅子だし足にボルトは入ってるしで、
自分の方も奥さんのほうもお葬式はきついなぁ〜ってかんがえちゃいます。。。義母なんかは「そのときはそのときで椅子とかを用意してもらえば大丈夫よ!」などど言ってくれますが、そんなときにまで気を使わせちゃうのも忍びないし。。。

のりぴーが非日常のことに対してその都度、自分の状態に照らし合わせてものごとを考える心情は自分にもあるからよくわかります。。。
| shara | 2006/11/20 1:55 AM |
>しゃらっち

諸兄に習い、若輩ながらそう書かせていただきます。

お悔やみ、心からお礼申し上げます。

そうですよね。自分の場合、普段の生活ではあまりにも判断に困ることだらけなので、半ば強引に「割り切る」ようにしています。そうじゃなきゃ、悩む事多すぎでやってらんないし(笑)。

でも、割り切れるものばかりじゃないのですよね〜。

言い方悪いけど、やっぱ最後は「バランス」なのかなぁ。。。
| nori | 2006/11/20 8:30 PM |









http://adagio1.jugem.jp/trackback/186
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/20 12:57 PM |
ネタ特集
個人的に面白かったモノを保管しよう
| 2ch備忘録 | 2006/11/20 2:35 PM |
葬儀・告別式の手順―2【冠婚葬祭情報web】
●仏式葬儀の進行例 ?遺族・親
| 葬儀・告別式の手順―2【冠婚葬祭情報web】 | 2006/11/24 2:34 AM |
さよならタクシー。これからは歩くよ。
かなり、タクシー利用料金上がりますね^^;東京なんてタクシー使わない方が、目的地に早く着けるだろうに・・。お金持ちや芸能人専用にタクシーなりそうだ。
| お金ちゃんねる-喜怒哀楽のマネー- | 2006/11/25 4:13 AM |
密葬の手順【冠婚葬祭情報web】
●密葬 密葬とは、遺族と少数の
| 密葬の手順【冠婚葬祭情報web】 | 2006/11/26 5:46 PM |
映画俳優石原裕次郎
 私の青春時代のシンボルだったので、イメージが常に若い彼もやはり古典映画スターの
| 映画館(こや)の木戸はあいている | 2006/11/28 9:05 PM |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ スポンサー リンク
+ インフォメーション
点取り占いブログパーツ

+ エントリー
+ 最新のコメント
+ 最新のトラックバック
+ カテゴリー
+ 過去のエントリー
+ リンク集
+ 掲示板・メールフォーム
+ NEWS
+ プロフィール

BANNER



RANKING 「Please click!」

人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

+ おすすめ
+ おすすめ
セロニアス・モンク・ウィズ・ジョン・コルトレーン
セロニアス・モンク・ウィズ・ジョン・コルトレーン (JUGEMレビュー »)
セロニアス・モンク,ジョン・コルトレーン,ウィルバー・ウェア,シャドウ・ウィルソン,レイ・コープランド,コールマン・ホーキンス,ジジ・グライス,アート・ブレイキー
+ おすすめ
+ おすすめ
ワーグナー:管弦楽曲集(2)
ワーグナー:管弦楽曲集(2) (JUGEMレビュー »)
クレンペラー(オットー),ワーグナー,フィルハーモニア管弦楽団
+ おすすめ
ベイト・ノワール
ベイト・ノワール (JUGEMレビュー »)
ブライアン・フェリー
初めて中学生のとき買った「CD」が何故だかコレ。
+ おすすめ
ヨーヨー・マ プレイズ・ピアソラ
ヨーヨー・マ プレイズ・ピアソラ (JUGEMレビュー »)
ヨーヨー・マ,アントニオ・アグリ,オラシオ・マルビチーノ,アサド兄弟,ネストル・マルコーニ,アストル・ピアソラ,エクトル・コンソーレ,キャサリン・ストット
+ おすすめ
+ おすすめ
+ おすすめ
無罪モラトリアム
無罪モラトリアム (JUGEMレビュー »)
椎名林檎,亀田誠治,川村“キリスト”智康係長,森“グリッサンド”俊之本部長
+ おすすめ
+ おすすめ
Reflections
Reflections (JUGEMレビュー »)
寺尾聰
リバイバル版が出ているようですが、やっぱ幼心にこれはシビレたですよ、トゥットゥルットゥ〜♪
+ おすすめ
+ おすすめ
風の歌を聴け
風の歌を聴け (JUGEMレビュー »)
ORIGINAL LOVE,田島貴男,木原龍太郎
+ おすすめ
チェット・ベイカー・シングス&プレイズ
チェット・ベイカー・シングス&プレイズ (JUGEMレビュー »)
チェット・ベイカー, ストリングス, カーソン・スミス, レッド・ミッチェル, コーキー・ヘイル, ラス・フリーマン, バド・シャンク, ボブ・ニール
+ おすすめ
+ おすすめ
+ おすすめ
スタイリスティックス
スタイリスティックス (JUGEMレビュー »)
ザ・スタイリスティックス
+ おすすめ
+ おすすめ
+ おすすめ
+ おすすめ
サマー・サンバ
サマー・サンバ (JUGEMレビュー »)
ワルター・ワンダレイ, アービー・グリーン, ジョー・グリム, バッキー・ピザレリ, ボビー・ローゼンガーデン
+ おすすめ
+ おすすめ
Solid State Survivor
Solid State Survivor (JUGEMレビュー »)
イエロー・マジック・オーケストラ
+ おすすめ
からだ大冒険
からだ大冒険 (JUGEMレビュー »)
へつぎ りょう, すがの やすのり
ネマリンミオパチーで小学5年生の戸次吏鷹(へつぎ りょう)君著。人工呼吸器をつけながら、電子辞書を駆使しつつ、左手の人さし指だけでパソコンを打つ。物語の主人公は米国のサイエンス博士。博士は、物を小さくする薬「チイサクナール」と大きくする薬「オオキクナール」を発明。チイサクナールを自らにふりかけ、ごくごく小さくなった博士が、点滴と一緒に不治の病の患者の体に入り、病気を治すというストーリー。
+ おすすめ
神経筋疾患の評価とマネジメントガイド
神経筋疾患の評価とマネジメントガイド (JUGEMレビュー »)
J.R. バック, John R. Bach, 大沢 真木子
神経筋疾患における非侵襲的呼吸療法の権威、ジョン・ロバート・バック先生の著、管理人の主治医でもある大澤真木子先生が監訳された本です。患者さんのQOL向上を第1に考えられた、神経筋疾患全般の管理マニュアルとなっています。この本に関わる先生方の熱意が伝わってきます。難しい用語についての解説集付です。
+ おすすめ
Scene 映像音楽作品集 1992-2001
Scene 映像音楽作品集 1992-2001 (JUGEMレビュー »)
加古隆
3曲目のNHK『にんげんドキュメント』テーマ曲だった『黄昏のワルツ』、心震えます。
+ おすすめ
全曲集
全曲集 (JUGEMレビュー »)
美輪明宏
記事にも書いた、美輪さんの全曲集です。ピアフの原語「愛の賛歌」は魂に響きます。
+ おすすめ
カフェ・ブリュ
カフェ・ブリュ (JUGEMレビュー »)
ザ・スタイル・カウンシル
+ おすすめ
+ おすすめ
 (JUGEMレビュー »)

3曲目のチルドレン・オブ・ザ・ナイト、格好良すぎます!。
+ おすすめ
並立概念
並立概念 (JUGEMレビュー »)
森広隆, 重実徹
ファンクなギターに、ソウルフルな高音ヴォイス。歌詞も「日本語」していて良い。3曲目のPebamaは、たまらなく痺れる。
+ MOBILE
qrcode