Adagio

ミオパチー的つぶやき〜Come for Treasure Dream
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
リアクション

おとといでなく、一週間前の週末、風邪をもらってしまいました。たぶん職場で。

すぐ隣で一日中ゴホゴホ(マスクなしで)されたら、お手上げです。

ノドとお腹にきて、微熱→頻脈→息切れし、金曜は早退させてもらいましたが、土日ゆっくり休んで、ほぼ風邪症状は落ち着きました。

幸い、気管深くまで侵入してこない、弱めのウイルスだったみたいで、助かりました。


インフルに目をうばわれがちですが、シツコイ風邪も流行っているみたいで、注意です。

 

インフルといえば、以前書いたとおり、我が家は相次いで新型の接種を受けましたが、相方は自分よりも反応があったようでした。(接種当日の強烈なだるさと、左手のしびれ)

そもそもワクチンは、程度の差こそあれ、副反応が起こりうるモノなのかも知れませんね。

ところで副反応という言葉。

厚労省HPの説明を読んで、なんかハッキリとイメージできました。

●以下引用

※副反応:ワクチンの接種は免疫の付与を目的に行いますが、それ以外の反応が出ることもあり、その反応を副反応といいます。病気を治療するための薬では副作用といいますが、これは、薬が引き起こす化学的作用だからです。ワクチンの場合は、免疫の働きと関連して起こると考えられるため、作用ではなく反応といわれています。

●引用以上

「接種された微量のウイルスが憎悪して、自分を攻撃してくる」、みたいなイメージをもっていました。アレルギー症状と同様に、自己の免疫反応が強く出過ぎてしまうメカニズムなんですね。

妙に納得したとたん、以前拾った文献のことを思い出しました。

 

■風邪ウイルスの作用が明らかに
http://www.healthdayjapan.com/index.php?option=com_content&task=view&id=1532&Itemid=37


呼吸に難有り、の身としては、テンション上がるニュースです。
能天気と言われそうですが、将来に淡い期待を抱いてしまいます。

もちろん、時間のかかる話でしょうが。。。


世界では、こういう地道な研究も行われているのですね。


研究への投資、そろばん勘定だけでは、計れません。


最後はちょっと風刺です。

| Nori | ミオパチー (最近の日常) | 19:08 | comments(7) | trackbacks(0) |
予防対処
先週10日は月1受診日でした。

今回は、細かい話は置いておいて、
1、季節性インフル注射のお願い
2、新型インフル注射の話を聞く
と決めていました。

いざ診察室に入ったら、こちらが話すまでもなく、
「新型インフルエンザの事なんだけど」と、主治医。

「私の方で、この書類を書くことが出来るんだけど」と話しながら、
うわさの用紙を見せてくれました。

「書類にはお金がかかるし、まだココの病院でも予約を入れられる状況ではないんだけど、どうする?」とおっしゃるので、

「ところで自分も優先接種の対象者に当てはまるのでしょうか?」と質問したところ、
何も言わずにコックリ。

「それでは、ぜひお願いいたします」ということで、その場で先生に書類を作ってもらいました。





頂いた証明書に目を通していたら、間髪入れず「季節性の注射はどうする?」と質問されたので、
「今年もそろそろ、と思っていたところです」と答えると、その場で問診表と体温計を渡され…。

あわてて体温計をわきにはさみ、問診表の記入を始めたところで、
利き手側に挟んでしまったことに気付くも遅し。。。
挟みながら字書くのって、意外にむずかしく、びっくり。(・o・)

余計に慌てたせいか、予防マスクで体温が上がったせいか(←私の通例)、体温は7度1分。
風邪の症状もなかったし、喉も赤くなかったみたいで、注射の許可はおりました。
そこの病院の決め事としては(問診表但し書きによると)、7度5分以上だとoutなようです。

先日相方は季節性を受けに行ったその場で、何故だか7度5分以上の熱が出てしまって、
接種を受けられませんでした。やはり風邪の症状はなかったのですが。。。

その相方も、相前後して優先接種証明書をもらってきたため、
我が家の優先接種対象者率は100%となりました。

住んでいる県のホームページで、接種を実施する診療所やクリニックが公表され始めましたが、
実際にはまだ、ほとんどワクチンが届いていないようです。

せっかく権利を頂いたので、接種できるまで、なんとか踏ん張りたいものだと話しています。

季節性にしても、新型にしても、接種しても感染の可能性はあるそうですが、
重症化が避けられるそうですからね。


ところで改めて診療明細を観てびっくり。

バイパップの支払いと込みだったので、当日はピンときませんでしたが、

季節性注射 4000円
文書費    2000円

…でした。。。

相方かかりつけの医大では、証明書代は0円だったとか。



お得意様限定、特別価格!  あってもいいのに。。結構長年、貢献してるのに。。。


| Nori | ミオパチー (最近の日常) | 19:11 | comments(6) | trackbacks(0) |
SS

 ロールプレイングゲームじゃ、ありません。


去る24日、ミオパチー軍中部方面隊のべべたろうさんが、関東を電撃訪問され、「埼玉サミット掘廚開催されました。

今回の会合は、もともと東京にご用事があったべべさんから、「ぜひ、お会いしたい」と、メールを頂いたことから始まりました。

話を進めていくうちに、べべさんが埼玉まで足を延ばして下さること。またsharaさんともお会いしたいとのご意向、などなど、計画が段々と具体化していきました。

結果、直前でsharaさんもお誘いすることとなり、
急きょ三者(埼玉組の相方含め五者)会談が実現しました。

場所は「さいたま迎賓館」。(ラフレのレガーロ)
べべたろうさんブログ既報のとおり、ディナーバイキングです。

「Adagio個人情報保護方針」にのっとり、会話の詳細は避けますが、
やはり3人とも、同じような場面・想いを、いつかどこかで経験しているもので。。。
ゆえに、何やら思い出(良きにつけ悪しきにつけ…)を共有しているような感覚になるんですね〜。

初対面ながら、サミット終盤には、お会いした時よりも、とてもお近づきになれた気がするから不思議です。

べべさんからは沢山の「名古屋名物」をお土産にいただきました。

 




| Nori | ミオパチー (最近の日常) | 23:54 | comments(5) | trackbacks(0) |
例のアレ
首都圏からもマスクが消えました。

実はそんな気がして、日曜日近所のドラッグストアへ買いに行こうかと思ったのですが、
外は嵐のような風、吹きやまず。。。
「明日でいいや」と諦めたのが運のつき。

週明けから、薬局、コンビニ、駅売店、軒並み「売り切れ、入荷時期未定」に。

大丈夫だ。あと3枚はストックがある。。。


話は少しそれますが、最近「新型」騒ぎとは関係なく、
病院受診時はマスクを着けて院内に入るようにしています。

といっても、冬から春にかけた、風邪・インフルのシーズン中だけ。

なぜなら昔から何となくマスクが得意ではなかったのです。

先日、その理由が少しわかりました。



大学病院外来入館前にマスク着用。

1時間半後、診察室へ。

SAT測ると90〜92%(通常95〜96%)。

マスク外して努力呼吸を開始すると、1、2分してSAT上昇。


これと全く同じ状況がもう1度。

3度目の前回は、ふつうに94〜95という結果。

法則は崩れました。

装着している時間だとか、その日の体調もあるのでしょうか。
それともただの偶然か。測れば誰もが下がっているものなのか?。

いずれにしても、多少のSAT低下には、身体も慣れてしまってますが。

ただ、間違えないのは、マスク付けてしばらくたつと、
何となく頭がボーっとしてくること。

加えて、体内に熱がこもってくるような、身体のほてりを覚えます。
あと、遠くがまぶしくて、近くが暗く感じるような(ちょっと説明がむずかしい)。

これって、ガスが溜まりつつあるときの兆候?、
と思うのは、私だけでしょうか。


ちなみに「特典」として、身体の芯が暖まることで、
深部の硬い筋がほぐれ、逆に呼吸が楽になるような気がしたり、するのです。


そのことをドクターに話したら、

「マスク付けるのも、手かも知れないね」
「気をつけながら使ってね」

とのお言葉。

そうそう、気をつけながら、息苦しくなる前に、ちょびっとマスクずらして、
新鮮な空気吸って。。。ってそれじゃー意味ねーぜ。。。


P.S とうとう東京に上陸と、さきほど速報。
手洗い、うがい、励行続行!。
| Nori | ミオパチー (最近の日常) | 21:34 | comments(6) | trackbacks(0) |
ss2

たいへんご無沙汰いたしました。
気が付けば、3ヶ月ぶりの更新となってしまいました。

おかげさまで大事無く、過ごせておりました。
一方で、やはり身体的になだらかな「下り坂」を感じておりまして。
正直、日々出勤以外の余裕がなくなりつつあります。

現状の自分に合った、発信のかたちを模索していきたいと。

「ネタメモ」ばかりが膨大にたまっております(笑)。

近況とあわせまして、おいおいupして参ります。

 

さて、こうして久々の更新と相成りましたのも、先日同病のsharaさんからお誘いを頂いた、
サミット(=同病仲間とのミーティング)の報告ができるからです。

詳細については、一日早くsharaさんのサイトで速報がありましたので、
ご存知の方もいらっしゃると思います。
(導入部まで、同じようなテイストになってしまい恐縮ですが…)(^_^;)

sharaさんが報告されているとおり、前回のSSサミットのメンバー・会場に、
新たなお仲間をお迎えするかたちとなりました。


はじめてお会いすることになったAさん(勝手に仮名)は、管理人よりも人生の大先輩。
しかしながら、とても気さくなお人柄であったので、初対面の緊張ナシで、
たくさんお話ができました。

 


久しぶりに新たな(同病の)方とお知り合いになる機会を得ました。
病状も、歩んできた経緯もそれぞれですが、ふとしたところで、
同じような悩みを持ち合わせていたり、直面していることに対する「ものの捉え方」が、
同じであったり。。。

無条件で一足飛びに共感しあえる感覚の、何とも言えぬ「暖かさ」を
改めて思いながら、過ごした時間でありました。





| Nori | ミオパチー (最近の日常) | 15:46 | comments(6) | trackbacks(0) |
夏休み2
入院前は、病室からケータイでブログ更新しよう!なんて企んでおりましたが、病院も以前より規制が厳しくなっており、通話はおろかメール送受信もNGということで断念。パソコンの持ち込みや使用も厳禁。ラジオにダイヤル合わせてみたら、場所が悪いせいか、殆ど電波拾えず…。

ということで個室患者としては、テレビでオリンピック三昧という感じになりました。とくに野球予選をハラハラ観ていた時など、すでにサチュレーション&心電図を付けていた時間帯だったので、きっと数値がえらく乱れていたことでしょう。

オリンピック三昧とはいえ、柔道にしても、水泳にしても、昼間リアルタイムで試合を観てしまっているので、夜にダイジェスト特番なんかを3つのチャンネル同時でやっていたりしても、知ってる情報ばかりで観る番組が無い。。。
ゆえに思わず「その男副署長」を最後までマジ観とか、普段は見ない「ギャル曽根ちゃん、サービスエリアメニュー全制覇!」を観てしまったり。。。

そんな感じなので、看護師さんとの多少の会話も気晴らしとなり、救われました。最近ウチの病院も「ナースキャップ」は見かけなくなりましたが、加えてやはりこれも感染症対策らしく、マスクをした看護師さんがほとんど。目元以外のご尊顔が分からぬまま、お世話になる感覚が不思議だったのですが、「化粧するの面倒なとき、バレずに済むから〜」との言葉に、ちょっと納得。

小児科患者も30代後半ともなると、だいぶ年下に感じる担当医先生が、何だか心もとなく感じてしまったりで、いけません。実際、直接の担当医より指導医の方が自分と歳が近いように見えますし、ドクターとして云々とかでなく、年齢的な心情なのかもしれません。
ただ、具体的にドクターの段取りが悪かったりすると、ナースの方も、その辺の様子をよく分かっているようで、間に立って色々とフォローしてくれました。

動脈点滴の留置&シリンジポンプ?の設定は、恒例の「新人医師研修コーナー」とあいなりました。処置を行う新人医師と脇を固める先輩医師数人の間で「慌てないでいいから」「ちょっとエアー入っちゃってるなー」「圧上がってるよ!」「どうしましょう?」

と、患者そっちのけの会話が飛び交います。

大人だと思って、あまりにないがしろにされた際は、小児科患者らしく泣き喚いてやろうと準備しているのですが、いまだ実行できてはいません。

検査結果ですが、SpO2が一瞬85、6台に落ち込むことが何度かあったそうですが、すぐに90台に戻るそうなので、「まあ良しか」ということに。就寝前からサチュレーションをつけていた際は、自分でも時折数値を凝視していましたが、ちょっと体勢を変えただけで97から一気に88ぐらいにまで急降下し、またすぐ回復、という乱高下が見受けられました。ただ感覚的に苦しさは無いし、PaCO2もバイパップを使用し平均して40台後半だったというから、少なくとも呼吸器の効果は、十分得られているといえるでしょう。

あとは安静時の血圧が上140/下90を越えることが多いと指摘されたので、改めて自宅でのモニタリングを再開しようかと考えています。

…と書きながら、退院後一度も測っていない。。。

以上、とりとめなく書き始めて収拾がつかなくなった記事でした。
| Nori | ミオパチー (最近の日常) | 23:37 | comments(2) | trackbacks(1) |
夏休み
先日、呼吸器機種変を兼ねた検査入院から帰ってきました。

盆休みが13〜17日だったので、休みを利用し14〜20日まで入院。18、19は病院から出勤し、20の退院日は欠勤しました。

つい最近かかりつけ科が、築70年の「遺跡病棟」から、築25年の「新?病棟」へ引越したのですが、そうなってから初めての入院。

築25年とはいえ内装もリニューアルしたらしく、以前と比べれば、明らかに今風な?病室となりました。小児科恒例「高檻式ベッド」もおニューになっていましたが、成人特例として「オリ」は常時下ろしておいて良い、とのお許しを頂きました。(^o^)

ちなみに成人になってからは、病院より個室入院をお願いされています。
自分としては、落ち着けて快適な反面、差額ベッド代が実に痛い。

察するに、お子さんに付き添うお母様方への配慮のようで(誰も明言はしないのだが…)。
確かに自分と年頃の近いオヤジが、同じ部屋ん中で寝てちゃ、イヤかも…。

もしかしたら、バイパップの動作音が問題なのかなぁ?…とも思い、こんたび看護師さんに聞いてみたところ、「みんな普通に大部屋で使っているよ!」との答え。考えてみれば最近のマシンは音も静かだし、内科病棟の「オッサン大イビキ」より全然マシ。。。

…ということで、理由確定。

…。

【夜間就寝時の検査メニュー】

1日目 旧マシン サチュレーション+心電図
2日目 新マシン サチュレーション+心電図+ETCO2モニター+早朝血ガス採取
3日目 新マシン サチュレーション+心電図
4日目 新マシン サチュレーション
5日目 新マシン Aライン留置(橈骨動脈)+深夜&早朝血ガス採取+サチュレーション

6日目 新マシン サチュレーション


新マシンは一回りダウンサイズし、動作音もより小さくなりました。
決定的な違いは、加湿器と本体が一体化したこと。
よって、回路の接続も単純化されました。
設定画面もデジタル液晶。機械に不具合が起きたときには、最近の家電の様に英数エラーコードが表示されるらしく、説明に便利ですね。





フジさんの裏話として、米国では↑の半分の大きさの新製品が開発されたそうなんですが、小さくなった反面、その分静音(消音)制御がままならず、音のうるささが問題になっているそうです。品質を保ったまま、軽量化をすすめる事の難しさですね。


つづく

| Nori | ミオパチー (最近の日常) | 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
O阪ほーこく
その後バタバタして更新できませんでしたが、無事O阪から帰還しました。
関西M連合長老が詳細報告下さったとおり、緊急サミットも成功いたしました。

私のスケジュールが当日の流れ次第という有様だったので、散々皆さんに気を揉ませたうえドタキャンとか、お会い出来ることになっても、ご無理をさせてしまうのでは、などと考えると、いささか心苦しいものがありました。

そんな思いの中、前日夜、関西2カ国へ電信いたしましたところ、既に長老よりK国へ出陣要請が出ているとのこと。K国高官からも、「天気も気温もなんとかストライクゾーン!!、これから長老と作戦会議をば」と返事が来たので、「こちらも全力を尽くすゆえ、万一上司たちに拉致られてしまった時はごめんなさい」と返信し、早々に床につきました。

B3の詳細は前述したとおり、完璧なレポートが配信されておりますので、こちらは当日当方のタイムスケジュールを箇条書き。興味もって下さる方のみ、お付き合いの程。
続きを読む >>
| Nori | ミオパチー (最近の日常) | 22:31 | comments(4) | trackbacks(0) |
今度の土曜
そして、来週の土曜日は、O阪へ行くことになりました。

入社10数年を経て、初めての出張命令。
それも通常業務後、金曜夜の新幹線で現地へ前乗りし、一泊しろという指示。

完全内勤のセクションゆえ、自分だけでなく出張自体ほとんど前例がありませんでした。

どうやら「行く事に意義がある」という類の社命らしく。わざわざ寝に行くようなスケジュールなのも、同行する上司によれば「幹部が(好意で)『開業したてのホテルに泊まらせてやる』と言っている」という何とも政治的な理由。

「さー、ばいぱっぷ、どーしよー?」ということで。

自らショルダーバッグで背負うのは無理。キャリーバッグで転がしても、段差や重さに手をとられ、機械に衝撃を与えてしまいそうで自信がありません。
そうこう考えると、眠れぬ覚悟で「手ぶら」しかないかとも考えました。

とはいえ、就業後に19時頃の新幹線で22時前にO阪入り、という日程自体が自分には強行軍。無理をして翌日の仕事中ダウンし、現地に迷惑かけたら意味が無いし。

こうなったら相方に「ばいぱっぷ」の運搬を頼み、現地で別行動してもらうしかないかと。

相方とも相談した結果、同行する直属上司に、はっきり事情を説明することに決めました。

上司には「睡眠時に医療機器を使っていること。またその利用により体調が保たれていること」「筋肉の持病により、自分では機器を運べないこと」「月1受診の理由はそのリース代を支払いに行っているからであること」等々を説明し、「相方に同行してもらうしかないか?と、悩んでいる」と正直に話しました。

話を聴いた上司は「事情は分かった。自分はあまり人に立ち入らない主義なので、詳しくは聞かない」と前置いたうえで、まず相方同行はNG。その代わり幹部に対し「俺が土曜朝1に現地入りする方向で頼んでやるよ」と言ってくれました。その際幹部へは詳細を伝えずに「当日用事があるらしい、とでも言っておくから」とのお言葉。
とりあえずお礼を述べ「もし上から事情を説明しろと言われたら、自分からお話します」と付け加えました。

とても有り難かった反面、本音としては、この際ハッキリさせておきたい気持ちもありました。中途半端なウソは逆に不信を与えるばかりか、その場しのぎの理由だと「二度目は無い」とも思ったからです。他人事の様な表現ですが、何かあった時の事を考えると余計でした。

ただ、直属上司の判断を熟考すると、自分に対する深い配慮ともとれるし、逆になるべく不安材料を抱えたくなかった故の選択、とも解釈できます。案外、至極簡単に考えた選択だったかも知れないし。

いずれにしても、今回のところは、上司の判断を尊重することが肝要と判断しました。

結果、上司の口添えもあり、自分のみ土曜入りするかたちで話が通ったようでした。

が、案の定帰り道、ほろ酔い幹部に遭遇した際、「せっかくホテル取ってやったのに、なんで泊まらない〜!」と絡まれましたが、相手が酔っ払いだったので、とりあえず終始「ヘラヘラ」「ペコペコ」やってゴマカしときました。

ということで、今度の土曜は始発電車でO阪へ。

O阪では、逢いたい人も行きたい所も大有りですが、まずは無事に行って帰ってくることが至上命題です。
長距離移動のリハビリの一環と考えて、行って参ります。
| Nori | ミオパチー (最近の日常) | 23:10 | comments(8) | trackbacks(0) |
この前の土曜
この前の土曜は検査受けに病院。
全身の筋肉CTでした。
寝台位置を移動させては撮影、また少し移動させては撮影。
撮影上、基準点になる部位があるらしく、その都度技師さん(若い男性)が身体を触れて確認。その際「ちょっと鎖骨触りますね」など、わざわざ断ってくれる丁寧さ。その後、撮影部位が下方に移った際は「すみません、みずおちを触らせてください」ときて、最後に「ちょっと恥骨触ります」ときた。ちなみに自分、よく聞く言葉なれど、恥骨の正確な場所を知らなかったゆえ、ちととまどい、思わず返事が「はい」でなく「あ、はっ」に。。。
| Nori | ミオパチー (最近の日常) | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ スポンサー リンク
+ インフォメーション
点取り占いブログパーツ

+ エントリー
+ 最新のコメント
+ 最新のトラックバック
+ カテゴリー
+ 過去のエントリー
+ リンク集
+ 掲示板・メールフォーム
+ NEWS
+ プロフィール

BANNER



RANKING 「Please click!」

人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

+ おすすめ
+ おすすめ
セロニアス・モンク・ウィズ・ジョン・コルトレーン
セロニアス・モンク・ウィズ・ジョン・コルトレーン (JUGEMレビュー »)
セロニアス・モンク,ジョン・コルトレーン,ウィルバー・ウェア,シャドウ・ウィルソン,レイ・コープランド,コールマン・ホーキンス,ジジ・グライス,アート・ブレイキー
+ おすすめ
+ おすすめ
ワーグナー:管弦楽曲集(2)
ワーグナー:管弦楽曲集(2) (JUGEMレビュー »)
クレンペラー(オットー),ワーグナー,フィルハーモニア管弦楽団
+ おすすめ
ベイト・ノワール
ベイト・ノワール (JUGEMレビュー »)
ブライアン・フェリー
初めて中学生のとき買った「CD」が何故だかコレ。
+ おすすめ
ヨーヨー・マ プレイズ・ピアソラ
ヨーヨー・マ プレイズ・ピアソラ (JUGEMレビュー »)
ヨーヨー・マ,アントニオ・アグリ,オラシオ・マルビチーノ,アサド兄弟,ネストル・マルコーニ,アストル・ピアソラ,エクトル・コンソーレ,キャサリン・ストット
+ おすすめ
+ おすすめ
+ おすすめ
無罪モラトリアム
無罪モラトリアム (JUGEMレビュー »)
椎名林檎,亀田誠治,川村“キリスト”智康係長,森“グリッサンド”俊之本部長
+ おすすめ
+ おすすめ
Reflections
Reflections (JUGEMレビュー »)
寺尾聰
リバイバル版が出ているようですが、やっぱ幼心にこれはシビレたですよ、トゥットゥルットゥ〜♪
+ おすすめ
+ おすすめ
風の歌を聴け
風の歌を聴け (JUGEMレビュー »)
ORIGINAL LOVE,田島貴男,木原龍太郎
+ おすすめ
チェット・ベイカー・シングス&プレイズ
チェット・ベイカー・シングス&プレイズ (JUGEMレビュー »)
チェット・ベイカー, ストリングス, カーソン・スミス, レッド・ミッチェル, コーキー・ヘイル, ラス・フリーマン, バド・シャンク, ボブ・ニール
+ おすすめ
+ おすすめ
+ おすすめ
スタイリスティックス
スタイリスティックス (JUGEMレビュー »)
ザ・スタイリスティックス
+ おすすめ
+ おすすめ
+ おすすめ
+ おすすめ
サマー・サンバ
サマー・サンバ (JUGEMレビュー »)
ワルター・ワンダレイ, アービー・グリーン, ジョー・グリム, バッキー・ピザレリ, ボビー・ローゼンガーデン
+ おすすめ
+ おすすめ
Solid State Survivor
Solid State Survivor (JUGEMレビュー »)
イエロー・マジック・オーケストラ
+ おすすめ
からだ大冒険
からだ大冒険 (JUGEMレビュー »)
へつぎ りょう, すがの やすのり
ネマリンミオパチーで小学5年生の戸次吏鷹(へつぎ りょう)君著。人工呼吸器をつけながら、電子辞書を駆使しつつ、左手の人さし指だけでパソコンを打つ。物語の主人公は米国のサイエンス博士。博士は、物を小さくする薬「チイサクナール」と大きくする薬「オオキクナール」を発明。チイサクナールを自らにふりかけ、ごくごく小さくなった博士が、点滴と一緒に不治の病の患者の体に入り、病気を治すというストーリー。
+ おすすめ
神経筋疾患の評価とマネジメントガイド
神経筋疾患の評価とマネジメントガイド (JUGEMレビュー »)
J.R. バック, John R. Bach, 大沢 真木子
神経筋疾患における非侵襲的呼吸療法の権威、ジョン・ロバート・バック先生の著、管理人の主治医でもある大澤真木子先生が監訳された本です。患者さんのQOL向上を第1に考えられた、神経筋疾患全般の管理マニュアルとなっています。この本に関わる先生方の熱意が伝わってきます。難しい用語についての解説集付です。
+ おすすめ
Scene 映像音楽作品集 1992-2001
Scene 映像音楽作品集 1992-2001 (JUGEMレビュー »)
加古隆
3曲目のNHK『にんげんドキュメント』テーマ曲だった『黄昏のワルツ』、心震えます。
+ おすすめ
全曲集
全曲集 (JUGEMレビュー »)
美輪明宏
記事にも書いた、美輪さんの全曲集です。ピアフの原語「愛の賛歌」は魂に響きます。
+ おすすめ
カフェ・ブリュ
カフェ・ブリュ (JUGEMレビュー »)
ザ・スタイル・カウンシル
+ おすすめ
+ おすすめ
 (JUGEMレビュー »)

3曲目のチルドレン・オブ・ザ・ナイト、格好良すぎます!。
+ おすすめ
並立概念
並立概念 (JUGEMレビュー »)
森広隆, 重実徹
ファンクなギターに、ソウルフルな高音ヴォイス。歌詞も「日本語」していて良い。3曲目のPebamaは、たまらなく痺れる。
+ MOBILE
qrcode